日常のあらゆる「好奇心」がよい翻訳を生みだす。

加藤 慶子/株式会社ワイズ・インフィニティ 制作部。金融機関にて3年間勤務した後、翻訳学校の短期コース受講を経てイギリスの大学院にて応用翻訳学の修士号を取得。帰国後は翻訳会社で経験を積み、2015年12月にワイズ・インフィニティへ入社。翻訳の品質管理業務を担当し、字幕翻訳のチェックなどに携わる。

── 藤さんにとって、このお仕事をする上での信条などをお聞かせください。

翻訳には絶対的な正しい答えというものはないと思いますが、その中で自分がより良いと信じるもの、何よりお客さま、視聴者の方に喜んでもらえるクオリティに仕上げられるよう、日々模索しながら業務に取り組んでおります。
また、映画の製作者の方などは熱い思いを持っていらっしゃる方も多いので、そういう思いを翻訳においてもきちんとお伝えする、というところも大切にしていますね。

── 作者の中には魂を削って…という風にやられている方も確かに多いですよね。

クリエイティブに限らず、自分が制作した商品・作品というのは、誰でもすごく思い入れがあると思います。自分自身も金融機関での勤務時代に担当していた商品を売り込みたい、世に広めたい、という思いがありましたし、そういう熱い気持ち、商品のこだわりなど、言語が翻訳される過程で損なわれないようにするのが私たちの使命だと思っています。
作り手の意図をどう伝えるか、受け手が何を知りたいか、の両方に気を配りながら挑むべき仕事ですね。原文と訳文の両方を理解しているのは翻訳業務に携わる人だけなので、責任感を持って取り組んでいます。

── 確性を問われたり、他の言語と日本語のニュアンスの違いなど、気を使う部分が多い職業だと思いますが、翻訳される上で気をつけていることなどはありますか?

必ずしも辞書的な言葉に囚われすぎないことですね。
耳で聞いて違和感があったり、口に出す時に、少しでも引っかかるところがあるというのは、自然な訳文とは言えず機械的な印象になってしまう気がします。

── は、ワイズ・インフィニティに勤務して良かったと思えることを教えてください。

映像翻訳に携わりたくて入社したのですが、映像翻訳一辺倒でなくいろいろなジャンルの業務があるので、楽しんで仕事をしています。
翻訳という仕事は、ともすればひたすらに原稿とにらめっこをして孤独な作業になりがちですが、社員同士はもちろん、お客さまや登録翻訳者さんとのやり取りから刺激を受けることも多いです。様々な情報が集まってきますし、自分自身も幅広い知識が必要になってきますね。例えば私はお酒が好きなのですが(笑)、思いがけずワイン関連の記事を担当したりすると、これまで自身が培った知識や経験も活きてくるので、生活全般がすべて仕事に結びつくんだなと改めて感じています。

── うするとやはり加藤さんのおっしゃる通り、好奇心のある方のほうが、良い翻訳ができそうですね。

そうですね。なんでも首を突っ込んでみたり、好奇心旺盛なほうが向いている職業かもしれません。社内でも多趣味の方は確かに多いですし、私も仕事で携わったものに興味が湧いて趣味として始めてみたり、という経験もあります。

── イズ・インフィニティに勤務したことで、自分自身のどういったところが成長したと感じておられるでしょうか?

日々想像力が鍛えられていると思います。映像翻訳は特に、視聴覚の助けもあるので、文字として表現されていない部分がたくさんあります。それらをくみ取って、文字にすることもあれば、しないこともありますし…。
そもそも翻訳には正解がないために、お客さまの求めるものも「想像して、創造する」しかありません。日々想像しながら、試行錯誤、トライ&エラーの繰り返しですね。

── は、仕事をする上で加藤さんが大切にしている一言を教えてください。

海外映像作品の字幕原稿をチェック、修正する過程を社内では「演出」と呼んでいます。
演出業務に携わるうちに、自分自身の人生にも、楽しめるような演出があっていいかなと思うようになりました。「人生ドラマチック」がキーワードです。
もちろんヘコむこともありますが、「そういう場面もあるよね」とメリハリをつけて、ハッピーエンドの人生にできれば最高ですね!

── 後に、お客様や職場の同僚、そしてワイズ・インフィニティに興味を持たれている方など、このページをご覧になっている方に対してメッセージをお願いします。

社会は言葉でできています。自分の言葉で輪郭を描けないものに出会うのは不安ですが、あらゆる情報が日々変化する言葉を伴いながらこの世界を彩っているので、なかなか逃げられません。できるだけ生の色で、できることなら好きな色味で見たいと私なら思いますし、「誠実な絵描き」でありたいと願っています。我ながらドラマチックですね(笑)。

 

ワイズ・インフィニティ wiseinfinitiy-trans.com

わいわいワイズ!現場最前線 編集局

「伝えたい」を世界へ
想いを翻訳し、言語の壁を越える

動画・映像翻訳現場のメイキングレポートをお送りします。