ライアントインタビュー Vol.1 Rooftop.inc 様

クライアント様 プロフィール

Rooftop.inc 制作部・中村純貴 様/Rooftop.incは、主にTVCMやWEBCMの企画・制作、企業広告などを手がける映像の制作会社さんです。今回お話をお伺いした同社の制作部に所属する中村純貴様は、プロデューサーのアシスタントとして、スケジュール管理・企画、撮影、編集の各スタッフとのやりとり、予算管理といった業務を担当しておられます。

ワイズ・インフィニティ同席者

株式会社ワイズ・インフィニティ 次長・岸靖雄/お客様に満足していただける「翻訳+α」のサービスをモットーに、ヒアリングや提案、作業のアフターフォローといった業務を担当。

岸:まず最初に、弊社にお仕事を依頼されたきっかけは何だったでしょうか?

中村様:これまで弊社は、翻訳会社さんとのお付き合いはなかったのですが、世界各国の方々に視聴していただく映像案件を依頼されまして、クライアントさんがその映像の“伝わり方”をとても重要視されておられました。見せ方、見られ方を意識した翻訳であれば、専門の方に依頼したほうがいいだろうという経緯があり、さらに監督がワイズインフィニティさんをお勧めしていたので、お願いすることとなりました。

── 実際にワイズ・インフィニティにお仕事をご依頼されていかがでしたか?

中村様:岸さんと行った一番最初の打ち合わせで、こちらの案件内容をはじめ、映像が放映される状況、背景などをものすごく細かく確認していただいたことを覚えています。ただ単に外国語に訳すというのではなくて、どういう風に伝えるのか、どんな表現なら伝わりやすいか、などをこちらサイドに立って、深く考えてくれているな、という印象を持ちましたね。とにかく「伝える」ということに対して本当に真摯な姿勢で、仕事に対して誇りを持っておられると感じました。

岸:嬉しいお褒めのお言葉、ありがとうございます!

── では、ワイズ・インフィニティとお仕事をされた中で、印象に残っているエピソード、シーンなどがありましたら教えてください。

中村様:岸さんが不在で電話に出られない、対応できないという時でも、必ずどなたか他に対応できる方を教えてくださり、とても安心して仕事を進めることができました。

── ワイズ・インフィニティと他の会社との違いを感じた点などがあれば、教えていただけますか?

中村様:シンプルに「社員皆さんの人が良い」ですね。常に会社全体で「私に何ができるか?」「何か助けられることはないか?」を考えておられるのではないかと思いました。それは担当の方が不在で別の方が電話対応してくださった時に特に感じましたね。「担当者が不在だからわからない」で終わらせず、ワイズさんは社員全員がクライアントのことを考えてきちんと対応してくれたことが印象に残っていて、そういった社風がとても素晴らしいと思います。

── 当事者意識のある翻訳会社ということですね。

岸:うちの社内は「それは他の人の仕事だから私は関係ない」という雰囲気ではないですね。

中村様:僕から何度も何度も相談の電話をさせて頂いたので(苦笑)。
弊社のほうでも「明日の朝○○時までに…」ということが突然夜に発生したりして、そうすると必然的に遅い時間に連絡することもあったのですが、それでも電話に出てくれる方がいらっしゃったりと、とても心強かったですね。

── 続いて、中村様ご自身やRooftop.inc様が抱いているこのお仕事への姿勢、信条などをお聞かせください。

中村様:映像の制作は、自分一人だけでなく、いろんなスタッフの方たちと一緒に作り上げていく仕事です。スタッフの皆さんが気持ちよく業務が進められるよう、考えるのが僕の役割でもあるので、それをまっとうできれば作品の仕上がりも良くなり、さらにお客さん、視聴者の笑顔につながる、という思いで業務にあたっています。

岸:複数のスタッフでひとつの作品を制作するというのは、やはり人間同士のコミュニケーションがもっとも重要になりますよね。

中村様:そこは僕達も一番大事にしています。まずクライアントさんから依頼を受けた時に、「どういった映像を作りたいのか」「どういう風に伝えたいのか」をしっかりと聞き出すくことが大事になります。しっかり引き出せるように信頼関係を作らなければとも思いますし。

── そういった点において、ワイズ・インフィニティが掲げる翻訳の理念とも通ずるところがあるんじゃないでしょうか?

岸:そうですね。こちらもお客様のご要望をしっかりとお伺いしたうえで、担当する翻訳者や社内で翻訳をチェックする品質管理のスタッフたちにもその内容をしっかりと伝えています。お客様、そしてその先のエンドユーザーを常に意識して、ご要望に沿った仕上がりになるよう、そこはかなり気を配っていますね。

── では、中村様の将来的な目標やビジョンを教えてください。

中村様:人の役に立つ、というか、自分がしてもらって嬉しいことは積極的に行動して、お客様の要望を叶えられる仕事をしていきたいなと思います。これを信条としてやっていきたいです。

── 最後に、ワイズ・インフィニティのスタッフ、およびこのページをご覧になっている皆様に対してメッセージをお願いします。

中村様:ワイズさんと仕事をさせてもらい、僕自身も学ぶことがたくさんありました。
ワイズさんは「制作側がどういうニュアンスでエンドユーザーに伝えたいのか」を非常に重要視されていると感じましたし、それは何百万人が観る映像を制作している自分たちにも通ずるところです。
僕達が制作した映像を観てくれる人一人ひとりの顔を拝見することはできませんが、例えばWEB上などで「何万回再生」と表示されると視聴者の存在をしっかり実感できたりします。ですので、こちらも「受け手の目線」をしっかりと意識して、「伝える」ということに対して今まで以上に責任感を持ってやっていきたいと思っています。
ワイズさんも今後ともぜひよろしくお願いいたします!

── ありがとうございました!